訓練校

せっかく時間ができる失業期間中は、次の仕事の役に立つスキルを身につけておくにはいい機会かもしれません。「公共職業訓練」と聞くとなんだか尻込みしてしまいますが、実はおトクがいっぱい!ぜひチャレンジしてみるのはどうでしょうか。


公共職業訓練を受講するメリットはたくさんあります。


雇用保険の受給資格があるうちに公共職業訓練を受講すると、失業手当が訓練修了まで延長される場合があります。ただし、訓練延長給付はあくまでオマケの特典であって、本来の目的は就職に役立つ知識や技能を身につけることにあるのはいうまでもありません。


各職種の仕事に就くうえで必要不可欠な知識や技能を、より実践的な実習を通してマスターできます。しかも、その職種に必要な資格を修了後に取得できるコースもあります。


訓練施設に通っている期間中は、失業手当以外にも図のように「通所手当」や「受講手当」などがもらえます。自己負担は「教材代」(総額で1〜3万円・貸与となるケースも)と「作業服代」だけです。




一般の失業者が失業手当を受給するには、失業認定日のたびにハローワークに出かけて係官と面談しなければなりません。しかし、公共職業訓練を受講した場合には、毎月末が認定日となり、手続きは訓練校側が一括して代行してくれますので、認定日のたびにハローワークに出かける手間がなくなります。


失業すると孤独感にさいなまれがちになるものですが、スクールに通えば同じような境遇の人がたくさんいて、そこで毎日共通の目的を持った仲間が出来ますから、精神的にもずっとラクになるようです。20代から60代まで幅広い年代の人と付き合うことになり、ココで知り合った仲間たちと卒業後もつき合いが続いているという人も多いようです。


朝起きてもどこにも行くところがないと怠惰な生活に陥ってしまいがちですが、とりあえず訓練施設に通えば、毎日の生活のリズムを整えられ社会復帰への格好のリハビリになるはず。


卒業時には、訓練施設とハローワークが連携して就職先を斡旋してくれます。過去に卒業生の就職実績があまりないコースは求人も少ないため期待はできませんが、それでもやみくもにひとりで就職活動を続けるよりも有利なことは確かです。

▲Page Top


受給手続きはどうすればいいの?




公共職業訓練と呼ばれるものには、次の2つのタイプがあります。


かつては「職業訓練校」と呼ばれていましたが、いまは「技術専門校」(名称は都道府県によっても異なる。「職業技術校」や「テクノスクール」などと呼ぶ地方もある)と呼ばれている都道府県が運営している職業訓練を専門に行う施設のことです。

【特徴】 コース どちらかといえばホワイトカラーの事務職向けよりも現場系の仕事の知識・技能をマスターするコースの方が多くあります。
訓練期間 ほとんどが3ヶ月または6ヶ月ですが、1年コースや2年コース(おおむね30歳以下の若年者対象の場合が多い)も用意されています。1年コース以上になると、訓練修了後に資格が取得できる場合もあります。
選考 筆記試験・面接が行われるのが一般的です。




厚生労働省の外郭組織である「雇用能力開発機構」が運営する職業訓練プログラムのことで「ポリテクコース」と呼ばれています。「ポリテクセンター」という職業訓練専門施設で行われるケースが一般的ですが、最近は雇用能力開発機構が委託した民間の専門学校で行われるコースも増えてきています。

【特徴】 コース 基本的には、技術専門校と同じようなコースが用意されていますが、技術専門校に比べてパソコンを活用した事務関係のコースやIT(情報技術)に関連した技術職を養成するコースなどが比較的多く設置されています。
訓練期間 一般的には3〜6ヶ月ですが、まれに1年コースもあります。
選考 6ヶ月以上のコースでは技術専門校と同じように筆記試験・面接(適性検査も)が行われる場合もあります。しかし、1〜3ヶ月の短期コースになると、「筆記試験はもちろん面接も一切なく、適性検査だけ」、もしくは適性検査すらなく「ハローワークの係官と面談して申し込むと、後は書類審査のみ」というケースがほとんどなのが大きな特徴です。

注意したいのは、どちらを受講する場合も、「失業手当をもらいながら通うには、必ず失業手当の受給手続きをしているハローワークを通して申し込まなければならない」ことです。

せっかく時間ができる失業期間中は、次の仕事の役に立つスキルを身につけておくにはいい機会かもしれません。「公共職業訓練」と聞くとなんだか尻込みしてしまいますが、実はおトクがいっぱい!ぜひチャレンジしてみるのはどうでしょうか。


公共職業訓練を受講するメリットはたくさんあります。


雇用保険の受給資格があるうちに公共職業訓練を受講すると、失業手当が訓練修了まで延長される場合があります。ただし、訓練延長給付はあくまでオマケの特典であって、本来の目的は就職に役立つ知識や技能を身につけることにあるのはいうまでもありません。


各職種の仕事に就くうえで必要不可欠な知識や技能を、より実践的な実習を通してマスターできます。しかも、その職種に必要な資格を修了後に取得できるコースもあります。


訓練施設に通っている期間中は、失業手当以外にも図のように「通所手当」や「受講手当」などがもらえます。自己負担は「教材代」(総額で1〜3万円・貸与となるケースも)と「作業服代」だけです。




一般の失業者が失業手当を受給するには、失業認定日のたびにハローワークに出かけて係官と面談しなければなりません。しかし、公共職業訓練を受講した場合には、毎月末が認定日となり、手続きは訓練校側が一括して代行してくれますので、認定日のたびにハローワークに出かける手間がなくなります。


失業すると孤独感にさいなまれがちになるものですが、スクールに通えば同じような境遇の人がたくさんいて、そこで毎日共通の目的を持った仲間が出来ますから、精神的にもずっとラクになるようです。20代から60代まで幅広い年代の人と付き合うことになり、ココで知り合った仲間たちと卒業後もつき合いが続いているという人も多いようです。


朝起きてもどこにも行くところがないと怠惰な生活に陥ってしまいがちですが、とりあえず訓練施設に通えば、毎日の生活のリズムを整えられ社会復帰への格好のリハビリになるはず。


卒業時には、訓練施設とハローワークが連携して就職先を斡旋してくれます。過去に卒業生の就職実績があまりないコースは求人も少ないため期待はできませんが、それでもやみくもにひとりで就職活動を続けるよりも有利なことは確かです。

▲Page Top


受給手続きはどうすればいいの?




公共職業訓練と呼ばれるものには、次の2つのタイプがあります。
無収入になる給付制限期間を乗り切るもうひとつの裏ワザが「公共職業訓練」を受講する方法です。公共職業訓練というと、ガテン系の技能コースが多いため「そんな学校に通いたかないよ」とみなさん思うのですが、これにはおいしい特典がついてくるのです。すなわち、給付制限を課せられている人が職業訓練を受講した場合、受講スタートの時点でそれが解除になる、つまり、3か月待たなくても失業手当が支給されるのです。こんなオトクな制度を見逃す手はありません。最近は、民間の専門学校に委託して実施されるパソコン関係やIT関係など、ホワイトカラーでも役に立つコースも増えていますので、その手の技能を身につけたい人には一石二鳥かも。なんたって、タダなんですから。



この裏ワザを実行するうえで、注意したいのが募集時期です。退職して、さぁ職業訓練でも申し込もうと思ったら、志望コースの開講は3か月先ということもあります。


そうなると、結果的に給付制限をまるまる過ごすのとたいして変わらなくなってしまいます。したがって、退職前から応募可能な訓練コースについての情報を集めておき、志望コースの受講をすぐにスタートできるタイミングで退職するのがコツです。(訓練開始までに退職することが決まっていたら在職中でも申し込み可能)職安では、訓練コースのパンフが一通り置いてありますので、まずはそれをもらってきてじっくりと検討しましょう。

▲Page Top



所定給付日数も残り少なくなってきたのに、再就職先が決まりそうにない−−。そんな危機一髪の状況でも、公共職業訓練が絶大な威力を発揮します。

雇用保険の受給資格があるうちに職業訓練をスタートした場合、たとえ途中で給付切れとなっても、訓練修了までは給付が延長されるシステムになっているからです。

たとえば、所定給付日数90日の人がちょうど90日分の受給を終える日に訓練をスタートすれば、そこからさらに訓練期間分の日数分が延長給付になるわけですから、これはもう信じられないくらいオトク!

職業訓練の期間は、標準的なコースで3か月〜6か月。若年者向けコースになると最長2年コースも。この制度をフルに活用すると、所定給付日数が90日の人でも、理論上はなんと最長810日も手当を受給することができるのです!

▲Page Top



訓練延長給付には、いくつか注意点があります。

まず第一に、所定給付日数が120日以下の人は、訓練開始日に支給残日数(所定給付日数−すでに支給された日数)が1日以上ないと適用されないこと。給付切れ直前に申し込みしても開講日にはすでに給付切れになっていると、たとえ受講できたとしても失業手当は一切支給されなくなってしまいます。手当をすべてもらいきるまでに開講するコースを探すのが先決です。

第二に、所定給付日数が180日以上ある人は、その3分の2の日数分の支給を受け終わるまでに訓練を開始していないと、延長給付が適用されないこと。つまり、所定給付日数180日なら、120日分の支給を受けるまでに訓練を開始しないと延長給付はなし。

所定給付日数が長い人が、たっぷりと手当をもらってから訓練を受講して、延長給付をしてもらうことはさすがに許されていないわけです。なお、所定給付日数150日の人は、120日分の支給を受け終わるまでに訓練を開始すれば延長給付は適用されます。

▲Page Top



職業訓練のルールでもうひとつ覚えておきたいのが、原則として一度職業訓練を受講すると、訓練修了から1年間はほかのコースを受講できないことです。

ということは、一度給付制限解除のために職業訓練を受講した人は、もはや訓練延長は望めない、つまり"職業訓練メリット"を享受できるチャンスは一度の失業につき一回しかないわけです。(35歳以上の人は、1年間に"複数受講"が例外的に許可される特例が平成15年5月にできましたが、現実にこの制度はほとんど適用されていません)

では、給付制限解除と延長給付のどちらを選ぶべきでしょうか。所定給付日数を超えて手当を受給するほうが受給総額ではオトクなのは明白。したがって、給付制限は何とか乗り切れそうな人は、ある程度受給してから、訓練を受講したほうが有利といえるでしょう。

これだけ知っていれば、かなりオトクな失業生活を送れるハズですよ



かつては「職業訓練校」と呼ばれていましたが、いまは「技術専門校」(名称は都道府県によっても異なる。「職業技術校」や「テクノスクール」などと呼ぶ地方もある)と呼ばれている都道府県が運営している職業訓練を専門に行う施設のことです。

【特徴】 コース どちらかといえばホワイトカラーの事務職向けよりも現場系の仕事の知識・技能をマスターするコースの方が多くあります。
訓練期間 ほとんどが3ヶ月または6ヶ月ですが、1年コースや2年コース(おおむね30歳以下の若年者対象の場合が多い)も用意されています。1年コース以上になると、訓練修了後に資格が取得できる場合もあります。
選考 筆記試験・面接が行われるのが一般的です。




厚生労働省の外郭組織である「雇用能力開発機構」が運営する職業訓練プログラムのことで「ポリテクコース」と呼ばれています。「ポリテクセンター」という職業訓練専門施設で行われるケースが一般的ですが、最近は雇用能力開発機構が委託した民間の専門学校で行われるコースも増えてきています。

【特徴】 コース 基本的には、技術専門校と同じようなコースが用意されていますが、技術専門校に比べてパソコンを活用した事務関係のコースやIT(情報技術)に関連した技術職を養成するコースなどが比較的多く設置されています。
訓練期間 一般的には3〜6ヶ月ですが、まれに1年コースもあります。
選考 6ヶ月以上のコースでは技術専門校と同じように筆記試験・面接(適性検査も)が行われる場合もあります。しかし、1〜3ヶ月の短期コースになると、「筆記試験はもちろん面接も一切なく、適性検査だけ」、もしくは適性検査すらなく「ハローワークの係官と面談して申し込むと、後は書類審査のみ」というケースがほとんどなのが大きな特徴です。

注意したいのは、どちらを受講する場合も、「失業手当をもらいながら通うには、必ず失業手当の受給手続きをしているハローワークを通して申し込まなければならない」ことです。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO